賀来賢人 かく けんと

30代人気俳優ヘアスタイル

2007年に映画で俳優デビュー。2009年、映画『銀色の雨』で初主演。2012年、TVドラマ『クローバー』で主演。2014年度上半期に放送された連続テレビ小説花子とアン』でヒロイン・花子の兄・安東吉太郎を演じる。2015年放送の大河ドラマ花燃ゆ』で新撰組沖田総司を演じる[7]

舞台『スマートモテリーマン講座』やミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』でコメディに対する適性を磨く。前者では安田顕、後者ではユースケ・サンタマリア池田成志皆川猿時といった演劇の実力者と共演して演技の腕前を磨いたが、そうした俳優たちと同列で演技を行うのだという意気込みもあったので恐怖心とプレッシャーは相当のものであったという。自身が常連出演者を務める福田雄一作品の一つである映画『斉木楠雄のΨ難』への出演によってコメディ俳優としてのブレイクを遂げたと言える。

趣味はバスケットボールサッカー

2015年4月、ニューカレドニア観光親善大使に任命された。

2018年10月期の連続ドラマ『今日から俺は!!』では6年ぶりに連続ドラマの主演を務める[11]

2019年8月公開の映画『ライオン・キング』の主人公・シンバの日本語吹き替えをオーディションによって抜擢される

コメント

タイトルとURLをコピーしました